岐阜かかみがはら航空宇宙博物館|ひそねとまそたん


TVアニメ「 ひそねとまそたん」アニメ聖地データ

岐阜県各務原市の「 岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 」は、TVアニメ 「ひそねとまそたん 」登場するアニメ聖地です。 ここへ訪れるには、名古屋鉄道各務原線 各務原市役所前駅が最寄りの駅になります。

航空自衛隊岐阜基地近くに有り、自衛隊で使用されていた航空機等の展示と共に、第二次大戦で使用された戦闘機「飛燕」も展示されています。

岐阜県各務原市にある ひそねとまそたんのアニメ聖地情報

ひそねとまそたん のアニメ聖地に関連した動画



その他のひそねとまそたん アニメ聖地情報

ひそねとまそたん は、こんな作品なんです!

甘粕ひそねは航空自衛隊岐阜基地に配属された新人自衛隊員。周囲とのトラブルを避けるよう地味に生きてきたが、ある日、基地の格納庫で巨大なドラゴンと遭遇する。その生き物はF-15J戦闘機に偽装して空を飛ぶ、国家機密級の「変態飛翔生体 (OTF) 」だった。ひそねは相性を買われてOTFを操縦する飛行要員(Dパイ)に任命され、そのドラゴンをまそたんと命名する。(Wikipediaより引用)  

ひそねとまそたんの詳細を見る