総合福祉会館|聲の形


TVアニメ「 聲の形」アニメ聖地データ

岐阜県大垣市の「 総合福祉会館 」は、TVアニメ 「聲の形 」登場するアニメ聖地です。 ここへ訪れるには、養老線 西大垣駅が最寄りの駅になります。

高校生になった2人が初めて再会した「聲の形」でも印象深い場所の1つ。

岐阜県大垣市にある 聲の形のアニメ聖地情報

アニメタイトル
施設名称 総合福祉会館
所在地 岐阜県大垣市馬場町124
ジャンル 建物
最寄りの鉄道駅 養老線 西大垣駅
最寄りのバス停 総合福祉会館付近のバス停
(※試験モード)
行政情報 大垣市ホームページ(行政)

聲の形 のアニメ聖地に関連した動画

その他の聲の形 アニメ聖地情報

聲の形 は、こんな作品なんです!

聲の形
悪がき大将だった主人公(石田 将也)はある日転校してきた西宮 硝子をターゲットにいじめが始まります。  硝子は聴覚障害があり、筆談ノートを使ってクラスメイトとコミュニケーションをとっていました。  将也を中心にエスカレートいした嫌がらせはクラス全体を巻き込んだいじめへと発展していきます。  硝子の筆談ノートを学校の池に投げ込んだり、高額な補聴器を破損させ、硝子の耳にケガを負わせてしまうなど、目に見えて物理的な被害を出すに至り、先生が介入する事態に発展します。  先生が介入して問題解決へと当たった際に、将也はいじめの主犯格として断罪されます。しかし、クラスメイトは、先生の追及に対して将也一人のせいにして逃げてしまいます。これをきっかけに、将也はクラスで孤立し、一転していじめられる対象となってしまいました。  

聲の形の詳細を見る