大垣市民病院|聲の形


TVアニメ「 聲の形」アニメ聖地データ

岐阜県大垣市の「 大垣市民病院 」は、TVアニメ 「聲の形 」登場するアニメ聖地です。 ここへ訪れるには、大垣駅が最寄りの駅になります。

聲の形で出て来ます。

岐阜県大垣市にある 聲の形のアニメ聖地情報

アニメタイトル
施設名称 大垣市民病院
所在地 岐阜県大垣市南頬町4丁目86番地
ジャンル 建物
最寄りの鉄道駅 大垣駅
最寄りのバス停 大垣市民病院付近のバス停
(※試験モード)
行政情報 大垣市ホームページ(行政)

聲の形 のアニメ聖地に関連した動画

その他の聲の形 アニメ聖地情報

聲の形 は、こんな作品なんです!

聲の形
とある小学校に「石田将也」という男子と、そのクラスに転校して来た「西宮硝子」が出会うところから物語は始まります。 西宮硝子は聴覚障害を持っており、コミュニケーションが取りづらく、クラスからも浮いてしまう。石田将也は西宮硝子のことが気になる反面、からかってしまったその行動が影響してイジメへと発展してしまった。 ある日、西宮硝子の母から学校に電話があり、クラス全体の問題となります。先生からも「この中で、西宮さんに対するイジメや嫌がらせを目撃した人はいませんか?」と問いかけがあり、クラスメイトがすべてを石田将也に責任を押しつける。 西宮硝子は突然転校してしまう事に、ここで初めて自分のしてしまった事の重大さに気づき石田将也も自分の殻に籠ってしまう。 それから5年の歳月が経ち、石田将也は高校生になっても過去を引きずっていて、クラスでも学校の中には友達は出来ずにいた。そんな石田将也は硝子に会いたいと思いつつ過ごしていました。そんな時、石田将也と西宮硝子が出会います。 最初は避けていた硝子だったが将也の「西宮、俺とお前友達に…なれるか?」という言葉から徐々に心を開いていきます。  

聲の形の詳細を見る