青山剛昌ふるさと館|名探偵コナン


TVアニメ「 名探偵コナン」アニメ聖地データ

鳥取県東伯郡北栄町の「 青山剛昌ふるさと館 」は、TVアニメ 「名探偵コナン 」登場するアニメ聖地です。 ここへ訪れるには、JR山陰本線 由良駅が最寄りの駅になります。

青山剛昌の活動をスポットを当てた専門ミュージアムです。

鳥取県東伯郡北栄町にある 名探偵コナンのアニメ聖地情報

アニメタイトル
施設名称 青山剛昌ふるさと館
所在地 鳥取県東伯郡北栄町由良宿1414
ジャンル 建物
最寄りの鉄道駅 JR山陰本線 由良駅
最寄りのバス停 青山剛昌ふるさと館付近のバス停
(※試験モード)
行政情報 東伯郡北栄町ホームページ(行政)

名探偵コナン のアニメ聖地に関連した動画

その他の名探偵コナン アニメ聖地情報

名探偵コナン は、こんな作品なんです!

推理作家の父と名女優の母を持ち、シャーロック・ホームズを敬愛する高校生探偵・工藤新一は、大人顔負けの推理力と洞察力を併せ持ち、「日本警察の救世主」とまで言われる活躍をみせていた。 ある日、新一は幼なじみの毛利蘭と遊園地に遊びに行くが、そこで謎の組織の取引現場を目撃する。取引の模様を見るのに夢中になっていた新一は、組織のもう1人の仲間によって背後から殴り倒され、口封じのために毒薬を飲まされる。だが、組織も知らなかった薬の副作用によって神経を除いたすべての組織が退行し、小学1年生の体となってしまう。 新一は、自分が生きていることを組織に知られたら再び命を狙われ、周囲の人間も巻き添えにしてしまうと隣人の阿笠博士から助言を受ける。そして、正体を隠して江戸川コナンと名乗り、蘭の父・毛利小五郎が探偵であることから謎の組織の情報が得られると考え、蘭の家に居候する。 以後、コナンは周囲で次々に起きる事件を持ち前の推理力や、阿笠の開発した万能アイテムを駆使して解決していく。同時に、元の身体を取り戻すために謎に包まれた黒の組織の陰謀を追っていくことになる。(Wikipedia)より

名探偵コナンの詳細を見る