千葉県立千葉商業高等学校|俺の妹がこんなに可愛いわけがない


TVアニメ「 俺の妹がこんなに可愛いわけがない」アニメ聖地データ

千葉県千葉市の「 千葉県立千葉商業高等学校 」は、TVアニメ 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない 」で登場するアニメ聖地です。 ここへ訪れるには、JR 総武本線 西千葉駅が最寄りの駅になります。

第1話のワンシーンとして登場

©武梨えり/一迅社・アニプレックス

千葉県千葉市にある 俺の妹がこんなに可愛いわけがないのアニメ聖地情報

俺の妹がこんなに可愛いわけがない のアニメ聖地に関連した動画



その他の俺の妹がこんなに可愛いわけがない アニメ聖地情報

俺の妹がこんなに可愛いわけがない は、こんな作品なんです!

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 。
主人公の高坂京介は、波乱のない普通の人生を志向する高校生。スポーツ万能で雑誌モデルをしている中学生の妹・桐乃とは、幼い頃は仲が良かったが、今ではまともに挨拶も交わさない険悪な関係になっていた。 ある日、京介は玄関で魔法少女アニメ『星くず☆うぃっちメルル』のDVDケースが落ちているのを発見する。しかも、その中にはアダルトゲーム『妹と恋しよっ♪』が入っていた。その持ち主が桐乃であることを確信した京介は、問い詰めずにDVDケースとその中身を桐乃に返してやる。 ある晩、桐乃から「人生相談がある」と称して、萌えアニメや美少女ゲームが大好きであることをカミングアウトされる。京介は、妹の趣味に理解を示し、困ったことがあればできる範囲で協力するという約束をする。そして、インターネットのSNSへの入会を勧め、妹の趣味に理解のある「裏」の友人探しを手伝うことにする。 SNSのオフ会を通じて知り合った黒猫や沙織・バジーナたちとの交友関係を通して、桐乃の趣味にかける真剣さや情熱を知り、京介は少しずつ己の考えを改めるようになる。京介自身も、夏コミへの同行、桐乃のケータイ小説の出版騒動などを経て、今まで幼馴染であった田村麻奈実との居心地のいい関係に甘んじていた、自分を取り巻く環境の変化を実感していく。(Wikipediaより引用)  

俺の妹がこんなに可愛いわけがないの詳細を見る