あがたの森公園|極黒のブリュンヒルデ


TVアニメ「 極悪のブリュンヒルデ」アニメ聖地データ

長野県松本市の「 あがたの森公園 」は、TVアニメ 「極悪のブリュンヒルデ 」で登場するアニメ聖地です。 ここへ訪れるには、松本電鉄 上高地線 松本駅が最寄りの駅になります。

極悪のブリュンヒルデの劇中シーンで登場

 

©岡本倫/集英社・「極黒のブリュンヒルデ」製作委員会

長野県松本市にある 極悪のブリュンヒルデのアニメ聖地情報

アニメタイトル
施設名称 あがたの森公園
所在地 長野県松本市県3丁目1
ジャンル 公園
最寄りの鉄道駅 松本電鉄 上高地線 松本駅
最寄りのバス停 あがたの森公園付近のバス停
(※試験モード)
行政情報 松本市ホームページ(行政)

極悪のブリュンヒルデ のアニメ聖地に関連した動画



その他の極悪のブリュンヒルデ アニメ聖地情報

極悪のブリュンヒルデ は、こんな作品なんです!

極黒のブリュンヒルデ
一度見た物は忘れないという完全記憶能力を持つ高校生、村上良太という少年は、遥か昔にクロネコという少女と自分が遊んでいる時に自分がダムから転落してしまい、助けようと手を伸ばしてくれたクロネコの手を掴んでしまい、二人一緒にダムへ落ちて自分だけが生き残ったという事が、いつまでも心に残っていた。事故で死に追いやってしまったクロネコの事が忘れられず、そのクロネコが好きだった天体観測を続け、クロネコが「いるんだよ!」と言っていた宇宙人を探す為の天体観測をずっと続けていた。もちろん、高校に入っても、廃部寸前だった天文部へ入部し、一人で天体観測を続けている。  

極悪のブリュンヒルデの詳細を見る