JR高徳線踏切|うどんの国の金色毛鞠


TVアニメ「 うどんの国の金色毛鞠」アニメ聖地データ

香川県高松市の「 JR高徳線踏切 」は、TVアニメ 「うどんの国の金色毛鞠 」で登場するアニメ聖地です。 ここへ訪れるには、JR高徳線 木太町が最寄りの駅になります。

1話に出てくる詰田川を通るJR高徳線踏切です。

香川県高松市にある うどんの国の金色毛鞠のアニメ聖地情報

アニメタイトル
施設名称 JR高徳線踏切
所在地 香川県高松市木太町2150−8
ジャンル その他
最寄りの鉄道駅 JR高徳線 木太町
最寄りのバス停 JR高徳線踏切付近のバス停
(※試験モード)
行政情報 高松市ホームページ(行政)

その他のうどんの国の金色毛鞠 アニメ聖地情報

うどんの国の金色毛鞠 は、こんな作品なんです!

東京在住のウェブデザイナーである30歳男性・俵宗太は、父親の死に際し故郷の香川県に戻ったとき、実家の製麺所の釜のなかで眠っている子どもを見つける。だが、一見普通の人間の子どもに見えるその子は、実は人間の姿に化けたタヌキだった? かつては讃岐うどんの名店として知られた実家で、うどんと蛙が大好きなタヌキっ子と出会った宗太の、優しくて温かくて、少し変わった家族の物語が、いまゆったりと幕を開ける

うどんの国の金色毛鞠の詳細を見る